ダイエットメニューとホメオスタシス

ダイエットメニューとホメオスタシスについて

食事を改善してダイエットに役立てようという人は大勢いますが、脂肪がないメニューや、カロリーの少なすぎるメニューは、健康にマイナスなこともあります。健康を損ねると、ダイエットを予定通りに進行させることができなくなります。

今だけ痩せたいというならば、栄養の少ない食事をしてもいいかもしれませんが、根本的な対策にはなりません。食事のメニューづくりを間違えたために、ダイエットに挫折してしまう人もいます。食事は、ただ量を少なくすればいいというものではありません。

食事の内容を一品メニューにするという方法もありますが、ダイエットにはプラスに作用しないこともあります。ダイエットについての知識を持たず、ただ漫然と食事を少なくしていると、リバウンドの温床になります。

せっかくがんばったのに、ダイエット前よりも体重が増えてしまうケースも多々あります。確かに、低カロリーの食事にすることはダイエットでは大事なこともかもしれませんが、糖質や脂質など体が必要としているものを食べずにいては、とても健康を保つことはできません。

ダイエットのためにと食事量を減らし、少ないカロリーで生きていこうとしても、ホメオスタシスが働くことによってダイエット効果が思うように出なくなることもあります。人の体には誰でもホメオスタシスという働きがあり、食事量が急に滞った時でも体調を一定に保つという効果があります。

カロリー摂取量が減っても、生き抜くことができるようにと、人は代謝を下げて対抗しようとします。少量のカロリーを有効に使うために、できるだけ代謝が発生しないように順応するのです。ダイエットにより食事を減らしても、ホメオスタシスが作用すれば、少ないカロリーで生きていける省エネ状態になります。

カロリー制限をしているのに体重は一向に減らず、食べるとすぐリバウンドするという体になります。ダイエットの時のメニューを考えるならば、ホメオスタシスが働いて超低消費モードにならないように注意する必要があります。

カロリー量を制御しながら、ビタミンやミネラル、脂質や糖質も十分に摂取することが、ダイエット時のメニューとしては重要になります。

 

サイトマップ